効果的なコウモリ撃退法とは

main-img

コウモリは人を襲うことはありませんが、深夜の羽音や軒下にまき散らされた大量のフンは厄介なものです。


普段は人目を避けるコウモリが、何かの拍子に室内にまで入ってきて飛び回るといったこともあります。
そんなコウモリを家から遠ざけるためには、きちんとしたコウモリ撃退法を講じる必要があります。


コウモリ撃退法として有効なのはスプレーなどの忌避剤です。



まずはこれでコウモリを家から追い出し、寄せ付けないようにします。


コウモリは屋根裏や軒下などに巣を作るので、その点に留意して巣の周辺に忌避剤を使います。

また、夜行性のコウモリは夕方から夜にかけて外で活動しているので、その間に薬剤をまいておけば、より高い効果が得られます。


しかし帰巣本能があるコウモリは、再び巣に戻ってきてしまうことがあります。



それを防ぐためには、コウモリを追い出した後、侵入経路をしっかりと塞ぐ必要があります。

日本の家屋に浸入してくるコウモリのほとんどはアブラコウモリと呼ばれるもので、羽をたためば5cmほどと非常に小さく、また体が柔らかいので、換気口やエアコンの配管、破損した屋根などのわずかな隙間から侵入してきてしまいます。目の細かい金網や住宅補修用のパテなどで、しっかりと隙間を埋めておくことが重要です。



このように市販されているものを使うだけでも、コウモリ撃退法を実践することは可能です。

しかし、コウモリが巣を作るのは高所であることも多く、それらの駆除作業にはしばしば危険も伴います。
もしも自力では困難だと判断された場合は、決して無理をせずに専門家に駆除の依頼をしてください。

これからの害獣駆除

subpage01

夕方から夜は元気に飛び回りますが昼間は活動的ではないので、追い出したいときには時間帯も考えて行動しないと失敗してしまう可能性があります。住みつかれてしまっている場合は餌をとりに飛び出して行ったあとで入り口をふさぐ方法が簡単ですが、一時的に侵入してきて暴れている場合のコウモリ撃退法は慎重に対応しないと物陰に隠れられて見失ってしまう可能性があります。...

more

害獣駆除の納得の知識

subpage02

コウモリが軒下やシャッターの隙間に住み付いてしまうケースも良くありますが、糞などの被害に悩まされている人も多いです。追い払おうといろんな方法を試みてもまたすぐに戻ってきてしまいます。...

more

大事な害獣駆除の事

subpage03

コウモリは夜行性の動物ですので昼間はあまりその姿を見かけることがありませんが、夕方から夜間になると活動を始めます。時には住宅地に現れることもあり巣を作られて困っているという人もあるのではないでしょうか。...

more

学ぼう害獣駆除の事

subpage04

家の中でも屋根裏など目立たない場所は、あまり行くこともありませんし、何が起こっているかよくわからないでしょう。最近になってやけにコウモリを見ると思ったら、自分の家をくまなく確認してください。...

more