手軽なコウモリ撃退法を実践する

subpage01

夕方から夜は元気に飛び回りますが昼間は活動的ではないので、追い出したいときには時間帯も考えて行動しないと失敗してしまう可能性があります。



住みつかれてしまっている場合は餌をとりに飛び出して行ったあとで入り口をふさぐ方法が簡単ですが、一時的に侵入してきて暴れている場合のコウモリ撃退法は慎重に対応しないと物陰に隠れられて見失ってしまう可能性があります。

屋根裏や倉庫に工場内などに集団で済みつかれてしまった時には、燻煙剤を利用したコウモリ撃退法を行うのが危険も少なく簡単に取り組める方法で、昼間よりも活動的になってくる夕方に行ったほうがすんなりと追い出しやすいです。再び侵入してこないように忌避剤をスプレーしておくとよりよく、建物内にいないで軒下などに居座っている場合にも忌避剤は有効なコウモリ撃退法になります。
風向きを考えて丁寧にスプレーを行い、効力が消える頃合いを見計らって追加でスプレーするとよいでしょう。
追い出した後しばらくは戻ってくる可能性がありますが、忌避剤のニオイやこれまでと違った環境になっていればあきらめて別な場所に移ってくれますから穴をふさぐ対応も行ってより確実にしましょう。



家の別な場所で住みつかれやすいような場所があるなら、先にふさいだり忌避剤をまいたりする対応を行ってからコウモリ撃退法を実践すれば安心です。



広い倉庫や工場などだと何百匹と住みつかれてしまう事例も起きていますから、数が多いと追い出すのも大変なので専門業者を依頼したほうが早く片付きます。